査定を受けるということは車を売る側になるということ

買取店、つまり車を買胃取る側にしてみれば、買取査定ではできるだけ安く仕入れ、転売する時にはできるだけ高く売れる中古車を見つけたいというインセンティブがあります。

車買取店の査定マンというのは車を買い取るプロですから、1社だけの査定では初めから限界近い査定額を出すことはまずないと考えた方がいいでしょう。

高く売れる車をできるだけ安く買い取るのが優秀な査定マンの目指すところです。

ところが私たち売る側にとっては、車の価格というのがどのように決まるのか、雑誌などを詳しく読み込んだりしたぐらいではなかなかわかりません。

そこで、大多数の人の場合は、車を売る時に相場などの知識も無く何となく査定に出し、言い値で売るということになってしまいます。

でも、できれば大事に乗っていた車ですから、できるだけ高く売りたいですよね

車を査定に出すということは車を売る側に立つということです

つまり、売り手になるということです

売り手になるのですから、売ろうとしている車の概算相場くらいは頭に入れておきたいものです。

ネットの中古車販売店のページで、同じ年式、同一車種、同じグレードの車を見つけて、その売値から20万円~30万円を差し引いてみれば、大体の概算相場がイメージできます。

これだけでもやっておけば、買取店の提示額が吹っかけたものか誠意あるものかの違いくらいはわかると思います。

後大切なのは、売り手として、自分の売りたいものの良い点をアピールし、できるだけ高値で買ってもらうようにすることです。

車を売る時にもこの原理は変わりません

売り手になったからには、愛車の査定を受ける前に、アピールの仕方を考えておく必要があります

愛車の良い点を整理しメモしてみればいいでしょう。

ボディーカラー、走行距離、純正オプション、ワンオーナー車、整備記録などなど、探してみれば何かしらのアピールポイントがあるはずです。

車の状態の良さや、故障の少なさ、どれだけ大事に乗ってきたかという点もアピールポイントであり、買う側も、それだけ良い物なら評価しようかとなるでしょう。


<一言クルマメモ>
車の任意保険もしっかり選ばないと必要以上に高い保険料を支払うことになりますよ。
自動車売却と同じように見積もり比較を行えば納得のところを選ぶことができます。


このページの先頭へ